事務所移転、オフィス移転に関することならオフィス空間にお任せください。

オフィス空間スタッフブログColumn

スチール家具のカラーヒストリア

2016年8月16日更新


こんにちは。

いつもスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

首都圏営業部の神崎です。

 

みなさんの仕事場では、どんな家具をお使いでしょうか?

ほとんどのオフィスではスチール製のデスクやキャビネットを使っていると思います。

スチール家具が日本で使われ出したのが1960年代ごろといわれています。

それまでは工業製品でなく木製の家具という時代でした。

 

日本のスチール家具の始まりは、進駐軍から始まったといわれています。

戦後まもなく在日アメリカ軍が岡村製作所に発注した色が緑みを帯びたグレー。

グレーは軍用色で、海軍や空軍で使用されていた色です。

スチール家具が普及し始め、通称『進駐軍グレー』と呼ばれるグレーが浸透。

 

このスチールデスクは、

オフィスで見ることが少なくなりましたが、今でも現役で官公庁や学校の職員室などで

普通に使われていますね。

その後は1980年代からグレーだけでなくベージュ系が加わり、

1990年代は明るいライトグレー系、2000年代からアイボリー系に進化しています。

2010年頃からホワイトが人気になり、現在はホワイトがさらに明るくなってきている

傾向のようです。

 

オフィスにおいても、限られた空間をより広く、明るくみせることで清潔感を感じさせる

イメージの色が求められているのかもしれませんね。


前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム

オフィス空間カタログ

店舗空間

ショールーム

パーティション

オフィス移転チェックリスト請求フォーム

クラウドPBXNAVI

オフィス電話NAVI

複合機NAVI

スタッフブログ

オフィス空間コラム 会社案内

お問い合わせ

オフィス空間注目のコンテンツ

お客様の声

お客様の声

Voice

お客様の声を公開しています

施工事例

施工事例

Case

オフィス空間が手がけた施工事例

オフィス移転特集

オフィス移転特集

Special Feature

オフィス移転のノウハウをご紹介

  1. オフィス移転
  2. レイアウト
  3. オフィス・店舗家具
  4. 内装・設備工事
  5. 施工事例
  6. お客様の声
  7. 会社概要
  8. 採用情報
お電話でのご相談はこちら:0120-223-470 お問合せ無料見積もり

トップへ戻る