事務所移転、オフィス移転に関することならオフィス空間にお任せください。

オフィス空間スタッフブログColumn

新JIS規格?旧JIS規格?

2019年5月16日更新


こんにちは。

いつもオフィス空間スタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

よく、オフィスで使うデスクやスチール書庫とかで、

【新JIS規格】【旧JIS規格】って耳にしたことがある方も多いかと思いますが・・・

まず、JISって何?🤔??、TIMなら聞いたことあるけど🤔???

 

JISとは、日本工業規格:Japanese Industrial Standardsの略称で、

日本の工業製品に関する規格や測定法などが定められた日本の国家規格で、

長さや大きさが沢山あると、使いにくいし・・・統一感もないし・・・

ということで、統一しましょう!ということで誕生しました。

 

新と旧JISの違いは、デスクとスチール書庫で比較すると、

【スチール書庫】

新JIS:W900D400

旧JIS:W880D380

 

【片袖デスク】

新JIS:W1000D700H700

旧JIS:W915D635H740

天板のサイズが小さいのは、紙とペンで作業することが多かったため、

高さは、戦後にアメリカ人の高さに合わせて製造したといわれております。

 

ちなみに、学校の机や椅子なども、新JISと旧JISでサイズ分けをしているみたいですよ。

使う人の体型や用途に合わせて進化して、

【旧JIS】【新JIS】と規格が変更してものと考えられます。

 

少なくなってきてはいますが、旧JIS規格のオフィス家具はまだ存在はしており、

色もグレーやアイボリーが中心で、逆にレトロ感があるかも知れませんよね😅😅

 

【令和】を迎え、用途や体型もふまえて、

さらなる規格のオフィス家具が生まれる日も近いかも知れませんよね。

 

お問い合せはお気軽に、Office空間まで、

みなさまのお問い合わせを心よりお待ちしております。


前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム

オフィス空間カタログ

店舗空間

ショールーム

パーティション

オフィス移転チェックリスト請求フォーム

クラウドPBXNAVI

オフィス電話NAVI

複合機NAVI

スタッフブログ

オフィス空間コラム 会社案内

お問い合わせ

オフィス空間注目のコンテンツ

お客様の声

お客様の声

Voice

お客様の声を公開しています

施工事例

施工事例

Case

オフィス空間が手がけた施工事例

オフィス移転特集

オフィス移転特集

Special Feature

オフィス移転のノウハウをご紹介

  1. オフィス移転
  2. レイアウト
  3. オフィス・店舗家具
  4. 内装・設備工事
  5. 施工事例
  6. お客様の声
  7. 会社概要
  8. 採用情報
お電話でのご相談はこちら:0120-223-470 お問合せ無料見積もり

トップへ戻る