オフィス空間コラムColumn

Column / オフィスコラム・まめ知識

オフィスのエントランスをデザインするポイント


オフィスのエントランスは、企業様ごとにさまざまな工夫がなされており、デザインコンセプトは業種によって大きく異なります。 エントランスは、お客様が最初に目にする空間であり、その企業の印象が決まる非常に重要な場所となる為、企業のコーポレートアイデンティティー(以下、CI)を大切にしなければいけません。 企業イメージを左右する重要な役割を持つエントランスを戦略的に組み立て、お客様との関係構築のキッカケにしていきましょう。 ここでは、エントランスを作るときのポイントを紹介していきます。

【目次】

オフィスのエントランスをデザインするポイント


エントランスに求められる機能とは

エントランスは、お客様に対して企業価値を高める役割を果たし、社員に対しては帰属意識とモチベーションを高める役割も果たしています。 最近では受付には電話のみ置かれているという会社も増えてきていますが、エントランスにはより多くの情報発信機能が求められます。 その為、コーポレートカラーやマークを基調に、スローガンや企業理念に基づくディスプレイを用いたデザイン設計にし、さらに企業の取り組み、ビジョンなどのPOPをディスプレイで飾るエントランスをお勧めしています。 メーカーやサービス産業では、エントランススペースのPRは重要な役割を果たしているので、 主力商品やサービスのブースを設置するなどしてお客様へのアプローチ手法としてデザインをする事もエントランスの上手な活用方法かもしれません。

メーカーやサービス産業では、エントランススペースのPRは重要な役割を果たしているので、主力商品やサービスのブースを設置しましょう。


オフィスのインフォメーション機能

エントランスで特に大切なのは、オフィスを訪れたお客様が気持ちよく案内されること。 最近ではタッチパネルによる案内システムを導入する企業が多くなっていますが、タッチパネルは一般的になってきているとはいえ、最新の設備に戸惑う方もいるようです。 お客様へのちょっとした気遣いが、その企業のイメージを高めてくれますので、操作がわからない方のためにも、タッチパネルのどこを触ればいいのかを明記するなど、操作方法を丁寧に表示しておきましょう。

また、オフィス移転の目的として、オフィスを一新して優秀な人材を確保したいと考えている企業も多くなってきています。 特にベンチャー企業など、社員の能力により大きく業績が左右されるような企業では、働きやすさと魅力を兼ね備えたエントランスが重要です。 セキュリティシステムや、完備出入のしやすさ、エントランスに物が停滞しないような収納スペースの確保など、実際に稼働してからの人と物の流れも把握しながら、デザインに活かしていくようにしましょう。

 
 
オフィスのエントランスをデザインするポイント

▲ 第一印象はエントランスから!どのように見せるかによって、持たれる印象は大きく変わってきます。

このように、エントランスの活用目的は様々ですが、最も重要なのはお客様が快適に過ごされる空間を作る事です。 まずは、エントランスで何をするべきかのコンセプト作りから始めて、お客様、社員の皆様が快適に過ごせる空間を作り上げましょう。




おすすめコラム



お問合せはこちらから。フリーダイヤル0120-223-470、メールなら24時間365日受付中!



オフィス空間の強み

オフィス空間カタログ

スタッフブログ

ショールーム

パーティション

飲食店開業セミナー参加受付中

オフィス移転チェックリスト請求フォーム

オフィス空間コラム 会社案内

お問い合わせ

オフィス空間注目のコンテンツ

お客様の声

お客様の声

Voice

お客様の声を公開しています

施工事例

施工事例

Case

オフィス空間が手がけた施工事例

オフィス空間カタログ

オフィス移転特集

Special Feature

オフィス移転のノウハウをご紹介

  1. オフィス移転
  2. レイアウト
  3. オフィス・店舗家具
  4. 内装・設備工事
  5. お客様の声
  6. 施工事例
お電話でのご相談はこちら:0120-223-470 お問合せ無料見積もり

トップへ戻る