事務所移転、オフィス移転に関することならオフィス空間にお任せください。

オフィス空間スタッフブログColumn

搬入経路チェックポイント【エレベーター、階段編】

2017年12月20日更新


こんにちは。

いつもオフィス空間スタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

・:*:・`☆、。・:*:・`★.。・:*:・`☆、。・:*:・`★.。・:*:・`☆、。・:*:・

前回(5月10日掲載)は大型家具の搬入経路『通路編』についてお話ししましたが、

今回は『エレベーター、階段編』についてお話しします😉

ソファーや大きいテーブル、高さのあるスチール書庫などの大型家具⚠は、

搬入経路の幅、高さ、構造によっては、入らない場合があります💦💦💦

中に入れないため納品することができず、返品・キャンセルとなった場合には、

別途費用がかかってしまいますのでご注意ください😥

・:*:・`☆、。・:*:・`★.。・:*:・`☆、。・:*:・`★.。・:*:・`☆、。・:*:・

 

<エレベーターを使用する場合>

エレベーターでの搬入は通常家具を立てた状態で行います。

⚠扉の幅が商品の一番短い辺より広く

⚠エレベーター内の高さが商品の一番長い対角線よりも高く

⚠奥行きが商品の二番目に短い辺よりも広いことが条件になります。

※商品を斜めにしたときの奥行きがある場合、

高さが足りなくても運べる場合がございますのでご相談ください❗

 

・:*:・`☆、。・:*:・`★.。・:*:・`☆、。・:*:・`★.。・:*:・`☆、。・:*:・

 

<階段折り返しの場合>

【商品を横のままにして運ぶ場合】

⚠曲がり角のある通路と同様、

通路の幅Aの二乗+Bの二乗が、商品の一番長い辺の二乗より長ければ搬入可能です🆗

※ぎりぎりではなく、ゆとり幅がある程度必要になります。

※手すりやドア位置などで、搬入できない場合もあるのでご注意を💦💦💦

 

【商品を立てて運ぶ場合】

踊り場の高さが商品の一番長い対角線を上回り、階段の幅が商品の一番短い辺より広ければ搬入可能です🆗

※高さが足りなくても、梱包を解いたり、斜めにして運べば搬入可能な場合もあります。

 

・:*:・`☆、。・:*:・`★.。・:*:・`☆、。・:*:・`★.。・:*:・`☆、。・:*:・

ご購入の前に、搬入経路のサイズを必ずご確認くださいませ‼

ご不安な場合はOffice空間までお問い合わせ下さい📞📞📞

オフィス・店舗家具


前のコラム   コラム一覧へ戻る   次のコラム

オフィス空間カタログ

働くためのオフィスから働きたいオフィスへ オフィスリメイク

店舗空間

ショールーム

パーティション

オフィス移転チェックリスト請求フォーム

クラウドPBXNAVI

オフィス電話NAVI

複合機NAVI

スタッフブログ

オフィス空間コラム 会社案内

お問い合わせ

オフィス空間注目のコンテンツ

お客様の声

お客様の声

Voice

お客様の声を公開しています

施工事例

施工事例

Case

オフィス空間が手がけた施工事例

オフィス移転特集

オフィス移転特集

Special Feature

オフィス移転のノウハウをご紹介

  1. オフィス移転
  2. レイアウト
  3. オフィス・店舗家具
  4. 内装・設備工事
  5. 施工事例
  6. お客様の声
  7. 会社概要
  8. 採用情報
お電話でのご相談はこちら:0120-223-470 お問合せ無料見積もり

トップへ戻る