オフィス空間コラムColumn

Column / オフィスコラム・まめ知識

オフィスのコンセプトを策定するポイント


生産性を求めるオフィスなら、オフィス移転をきっかけとしてクリエイティブ・オフィス環境を構築することで、働く人の創造を生み出すきっかけとなるようなオフィス空間を目指すことをお勧めします。設計や企画、デザインなどクリエイティブの職種だけでなく、営業などさまざまな職種の生産性向上に役立つことが期待されています。

【目次】

オフィスのコンセプトを策定するポイント

移転する目的を明確にする

移転をする際に一番最初に考えるべきことは、移転する目的を明確にすることです。オフィス移転の権限を持つ社長や役員の意見を聴取し、洗い出した問題点との整合を行い、全社的な移転目的を明確にしていきましょう。 移転の目的がどこにあるのか、人員拡大のためにスペースを拡張したいだけなのか、それとも、移転をキッカケに魅力的なオフィス作りをして人材獲得と社員の定着につなげたいのか、さらには、経費節減を図りたいのかなど、様々な理由があることでしょう。 その目的によって、オフィス移転の際の条件が明確になってきます。例えば、社員のモチベーションを高め、個人の能力を最大限発揮させ、仕事の効率を上げることが目的であるならば、クリエイティブ・オフィスを用いるのが最適なのではないでしょうか。

オフィスそのものを魅力ある快適な空間に

オフィスそのものを魅力ある快適な空間に

最近の就職活動の動向をみると、就職先の選択基準として、駅近、ファッションビルやカフェなどのあるおしゃれな立地という項目を挙げる人が多い傾向にあります。 朝から夕方まで一日の大半を過ごす場所ですから、周囲の環境が気になるのは当然と言えるでしょう。 しかしながら、そのような条件に該当するオフィスは限られています。それならばオフィスそのものを魅力ある快適な空間にしてしまおうという考え方もあって、クリエイティブ・オフィスはクリエイティブな職種に限らず、オフィス環境の構築に役立てられるようになってきました。

まずは問題点の洗い出しを!

オフィスコンセプトを策定するには、まず経営面ではどのような問題点を抱えているか、さらに社員がどのような問題点を感じているか、を洗い出すことが必要です。 各セクションでミーティングを行い、各自の意見を述べ合うことにより、問題点が浮かび上がってきます。そして、すべての意見をカテゴリに分け、今度はそのカテゴリの中で問題点を集約していきます。例えば、節電、防犯、照明、掃除、椅子の座り心地など、普段仕事をしている中で気になっている点を挙げていきましょう。

会社のビジョンとイメージをデザインする

オフィスコンセプトはほとんどの場合において、会社のコーポレートアイデンティティとビジョンをPRすることが組み込まれます。 そういったことを意識して、デザインはコーポレートカラーを基調にしたり、象徴的なイメージを使うことや、来客のあるエントランスや会議室だけでなく、社員のワークスペースや休憩室などにも楽しめる工夫をするなど、社内でもこのようなイメージ戦略を取り入れていけば、社員のモチベーションに貢献することが期待できます。 このような社内環境を改善するために、アイデアを社員が出し合うことにより、社内コミュニケーションがより密になる効果も生まれます。

 
 
オフィスのコンセプトを策定するポイント

▲ オフィス環境を整えることも会社の成長には必要ではないでしょうか?

オフィス環境のコンセプトとして、社員にとっては居心地の良いオフィス、会社にとっては生産性の高いオフィスにすることはどの企業にも共通する課題です。 このようにオフィスのコンセプトを作るということはとても大切なことなのです。




おすすめコラム



お問合せはこちらから。フリーダイヤル0120-223-470、メールなら24時間365日受付中!



オフィス空間の強み

オフィス空間カタログ

スタッフブログ

ショールーム

パーティション

飲食店開業セミナー参加受付中

オフィス移転チェックリスト請求フォーム

オフィス空間コラム 会社案内

お問い合わせ

オフィス空間注目のコンテンツ

お客様の声

お客様の声

Voice

お客様の声を公開しています

施工事例

施工事例

Case

オフィス空間が手がけた施工事例

オフィス空間カタログ

オフィス移転特集

Special Feature

オフィス移転のノウハウをご紹介

  1. オフィス移転
  2. レイアウト
  3. オフィス・店舗家具
  4. 内装・設備工事
  5. お客様の声
  6. 施工事例
お電話でのご相談はこちら:0120-223-470 お問合せ無料見積もり

トップへ戻る